英語de大谷翔平 PR

大谷翔平選手の背番号「17」に込められた意味とは

大谷翔平選手 背番号 17 意味
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は野球界の神の子、大谷翔平の背番号「17」にはどんな意味があるのか?というブログです。

紐解いていくと、大谷翔平選手の高校時代まで遡ることになりました。

なお、大谷少年が野球を本格的に始めたのは小学校3年生からです。

ちなみに東北の彼の地元、岩手県奥州市には大谷翔平田んぼアートもあるそうです!

♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰⋱✮⋰⋱

岩手県への観光は【楽天トラベル】↓

花巻温泉郷 新鉛温泉 結びの宿 愛隣館

オオタニサンの背番号17の意味は?

大谷翔平選手はプロ野球の日本ハム・ファイターズでは、背番号11で活躍していましたね。

2018年の2月にカリフォルニア州に渡米、メジャーリーグ(MLB)のロサンゼルス・エンゼルスでは背番号17を着用してプレーしています。

エンゼルスでは背番号11が永久欠番になっているため、彼は次に背番号27を考えました。

しかし27はすでにマイク・トラウト選手の背番号であったため、背番号17を選んだとされています。

大谷翔平選手は、「背番号17に特別な意味はない」とあるインタビューで答えています。

しかし花巻東高校の野球部にとって背番号17はエースの番号であり、大谷翔平選手が高校野球選手時代に着用していた番号でもあります。

花巻東高校の佐々木洋監督は、「背番号17番は、将来エースに!と期待する投手につけさせていた」とインタビューで答えています。

大谷翔平選手は「僕が新たな気持ちでここで頑張っていくときに、17番にしようかなと思った」とインタビューで答えており、花巻東高校の1年生時代の初心を忘れないという意味で選んだのではないでしょうか。

以上、大谷翔平選手の背番号「17」に込められた意味でした。

♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰⋱✮⋰⋱

我が子を未来の大谷翔平に!↓

「22のバッティングドリル」

花巻東高等学校とは?

花巻東高校とは、東北の岩手県花巻市にある私立高等学校です。

花巻東高校は、1956年に花巻商業高等学校として開校し、1982年に富士短期大学付属花巻高等学校と谷村学院高等学校の合併により現在の名前になりました。

花巻東高校は硬式野球部がめっぽう強いことで名が知られ、夏10回・春4回甲子園に出場しています!(2023年7月現在)

その中でも有名なポイントとして、菊池雄星選手や大谷翔平選手などのメジャーリーガーを輩出していますね。

また女子硬式野球部も2020年に創部し、全国大会で準優勝を果たしています。

その他にも、サッカー部やソフトボール部などの運動部や、吹奏楽部や美術部などの文化部が精力的に活動しています。

【大谷翔平の座右の銘】花巻東高校・佐々木監督の言葉

Preconceptions make the possible impossible.

♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰⋱✮⋰⋱

野球センスを向上させる方法

大谷翔平が花巻東高校に在学していた時期

大谷翔平選手は2010年から2012年まで花巻東高校に在学し、硬式野球部に所属し、投手と打者の二刀流として活躍しました。

当初からピッチャーとして、尋常じゃないスピードのボールを投げています!

彼は1年生の秋からエースを務め、最速147 km/hを記録。

2年生の夏には、甲子園で高校2年生最速タイ記録(当時)となる150 km/hを記録。

そして3年生の夏には、岩手県大会の準決勝でアマチュア野球史上初となる160 km/hを記録しました。

【ユニコーンなオオタニサンの金言】無理だと思わないことが一番大事!

♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰⋱✮⋰⋱

オオタニサンのパフォーマンスを支えるマットレス

日本の老舗、西川布団は大谷翔平さんの愛用するマットレスがあり、とても品質がよくおすすめですよ。

西川布団で大谷翔平さんが選んだマットレスは「エアーSX」です。

大谷翔平さん以外にも世界のトップアスリートが愛用する コンディショニング・スリーピングギア「エアー」をはじめ、 様々な寝具(マットレス・羽毛布団・枕など)であなたの快適な眠りをサポートしてくれます!

日本製の布団は丈夫で長持ちするし、何より日本人の睡眠に合っていますよね。

♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰⋱✮⋰⋱

【おまけ】阪神タイガースの背番号17

阪神タイガースの青柳晃洋さんも背番号17。

青柳選手は神奈川・横浜生まれ、帝京大学出身のピッチャーです。

彼は東京オリンピックの野球金メダリスト、NPB史上初の2年連続最多勝・最高勝率の同時獲得者として有名ですね。

個性的な投球フォームは、通常の投げ方だと負傷することが多かったため、自分にとって最適な投げ方を考案したそうです。

♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰⋱✮⋰⋱

The meaning behind Shohei Ohtani’s number 17

Shohei Ohtani played for the Nippon Ham Fighters professional baseball team with the number 11.

He plays for the Los Angeles Angels of Major League Baseball (MLB) wearing the number 17.

As number 11 is a permanent number with the Angels, he next considered number 27.
However, 27 was already Mike Trout’s number, hence he reportedly chose number 17.

Shohei Ohtani said in an interview that the number 17 has no special meaning to him.

However, number 17 is the ace number for the Hanamaki-Higashi High School baseball team and was also the number worn by Shohei Otani when he was a high school baseball player.

Hiroshi Sasaki, the coach of Hanamaki-Higashi High School, says: “Number 17 is for pitchers who I expect to become aces in the future! I made him wear it for pitchers who I expected to become aces in the future”, he said in an interview.

Shohei Otani said in an interview, “I thought I would choose No. 17 when I was working hard here with a fresh mind”, and I think he chose it as a way of not forgetting his first year at Hanamaki-Higashi High School.

This is the meaning behind Shohei Otani’s number ’17’.

♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰⋱✮⋰⋱

名門!アメリカ州立カリフォルニア大学編入なら、U-LABO

What is Hanamaki-Higashi High School?

Hanamaki-Higashi High School is a private high school in Hanamaki, Iwate Prefecture, north-eastern Japan.

Hanamaki-Higashi High School was founded in 1956 as Hanamaki Commercial High School and took its current name in 1982 following the merger of Hanamaki High School attached to Fuji Junior College and Tanimura Gakuin High School.

Hanamaki-Higashi High School is famous for its hardball team, which has competed in the Koshien (the National High School Baseball Championship) ten times in the summer and four times in the spring.
Among them are major leaguers such as Yusei Kikuchi and Shohei Otani.

A women’s hardball club was also founded in 2020 and has been runner-up in national tournaments.

Other sports clubs, such as the football and softball clubs, and cultural clubs, such as the brass band and art clubs, are also active.

♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰⋱✮⋰⋱

Shohei Otani’s time at Hanamaki-Higashi High School

Shohei Otani attended Hanamaki-Higashi High School from 2010 to 2012, where he was a member of the hardball team and played as a pitcher and hitter.

He served as an ace from the autumn of his freshman year and recorded a maximum speed of 147 km/h.

In the summer of his sophomore year, he recorded 150 km/h at Koshien, tying the record (at the time) for the fastest time by a second-year high school student.

In the spring of his junior year, he set the Japanese record for the fastest time at 160 km/h in the Senbatsu Tournament.

In the summer of his junior year, he became the first player in amateur baseball history to record 160 km/h in the Iwate Prefecture Tournament.

【野球指導者専用】野球ノック上達革命!

♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰⋱✮⋰⋱

【YouTube】心に響く名言ぴてちゃんねる

ご視聴、いいね、チャンネル登録なぞよろしくお願いいたします

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事があなたのお役に立ちましたら幸いです。
ではノシ

岩手県奥州市への観光旅行は【楽天トラベル↓】

〜世界遺産の隠れ宿〜果実の森