その他TOEIC PR

周りの運転が優しくなる!魔法のアイテム

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

くむろぐをご訪問いただきありがとうございます。

今回は、車を運転する方はもちろん、バスやタクシーも含めて、自動車に乗ったことのある方全てにみてほしい記事です。

公道に出ると、たまに乱暴な運転をする車に遭遇することがあります。
仕事や送迎などで運転を頻繁に運転する場合は、しょっちゅうかもしれません。
小学生のお子さんがいる家庭は特に、登下校の安全が脅かされることがないか不安になることでしょう。

周りのドライバーさんの運転が優しくなれば、私たちのメンタルも安定し、よりTOEICや英語の勉強に集中して取り組めますね!

さらに、急発進や急加速がなくなるため、みんながエコドライブでSDGsに貢献できます。

早速参りましょう!

本文読む前に正解知りたい人はこちら

♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰⋱✮⋰⋱

優しい運転にはどんなアイテムが良い?

車につけるだけで周りの運転が優しくなる魔法のようなアイテム……

この世にそんなすごい物が本当にあるのでしょうか?

とにかく
どんな物があるか、考えつく限り考えてみましょう。

しかしながら、
車に取り付けることで100%確実にドライバーを優しくしたり、思いやりのある運転に変えるような魔法のアイテムは、残念ながら(当然ながら?)存在しません。

ただし、より前向きな運転体験にとても効果的な、いくつかの実用的なヒントやツールがありますよ。

  1. 前向きなメッセージのステッカー:
    車には前向きで元気の出るメッセージのバンパーステッカーやデカール(decal)、マグネットなどを貼ることを考えてみてください。これは運転中に冷静で礼儀正しい態度を保つための優しいリマインダーとなります。
  2. アファメーションのリスト:
    安全で礼儀正しい運転に関連する前向きなアファメーションのリストを作成します。これを車内のダッシュボードやサンバイザーなど、簡単に見ることができる場所に配置します。ドライブ前やドライブの途中でこれらのアファメーションを繰り返しましょう。
  3. 優しさのリマインダーブレスレット:
    優しく思いやりのあるドライバーであることを思い出させるために、お守り、ブレスレットやアクセサリーを身につけます。これを見るたびに、穏やかな態度を維持するように促されます。
  4. パーソナライズされたナンバープレート:
    前向き、または意味のあるメッセージを持つパーソナライズされたナンバープレートを選ぶことも考えてみてください。これは優しいドライバーであることへの取り組みを微妙に表現する方法であり、運転する際のマインドセットに影響を与えるかもしれません。
  5. 運転用瞑想やリラクゼーションテクニック:
    運転ルーティンにマインドフルネスやリラクゼーションテクニックを取り入れます。深呼吸をしたり、落ち着いた音楽を聴いたり、他のマインドフルネスのエクササイズを行い、冷静で道路に集中します。

優しいドライバーであることは最終的には個人の選択にかかっており、ポジティブな習慣や行動を取り入れることが含まれます。

100%優しい運転を保つ魔法のアイテムはないにせよ、これらの提案は道路でポジティブな態度を維持するためのリマインダーやプロンプトとしてきっと役立つことでしょう。

♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰⋱✮⋰⋱

とはいえ、あんまりやることが多くても逆に優しくなれないかも……!?

というわけで、当ブログでは正解を1つに絞り込みました。↓

正解は「クルマに赤ちゃんがいます」

周りの運転が優しくなる魔法のようなアイテムは、KATOJIのCAR PLATE「BABY ON BOARD」マグネットです!

いまさら説明不要かもですが、
運転中の自動車に「赤ちゃんが乗っています」ということを周りに知らせるものです↓

車に赤ちゃんがいます マグネット 交通安全

これ系のアイテムって、プレママさんや育児中、特に赤ちゃんがいるご家庭は、車を運転する時に使っていることが多いかもしれません。

ただ、
私はむしろ仮に赤ちゃんが車に乗ってなくても、あるいは子どもがいなくても、運転中・移動中はいつも付けておくことをおすすめします。

本当に、周りの運転が優しくなります。
マジです。

今すぐクラゲの楽天ROOMで見てみる!▶
安全・安心の日本製!パープルとイエローの2色展開

あ、くれぐれも交通ルールを無視したり、乱暴な運転とかしないで下さいね。
このマグネットシートを付けていること自体、その車が優しい運転をしてる、ということが前提になっていますので。

駐車中や車から離れる時は、悪者に盗まれないように取り外しておきましょう。
毎回取り外すのめんどくさい!という場合は、車内に吸盤で付けるタイプもおすすめです。

あと、
より現実的なお話になってきますが、ドライブレコーダーを装備しておくのもまずまず効果的です。
一般的に普及して、ハイスペックなモデルが安く手に入るようになりました。

万一、暴走行為や悪質なあおり運転などに遭遇したら、録画しておくと後々証拠として記録できますし。

まぁそれ以前に、交通ルールをガン無視するような悪質ドライバーには最初から運転免許と車を与えないでほしいですよね(そもそも論)。
……

初心者マーク

初心者マークも、周りの運転が優しくなるアイテムの1つではあります。

とはいえ、日本国内では運転免許証を取得して1年間の装着義務があるだけなので、それ以降は外してしまう方も多いのではないでしょうか。

しかしなんと、オーストラリアにおいてはこの初心者マークが、付けていると逆にお洒落に見えるそうです。

特に日本車に付けるのが流行っているそうで、オーストラリアから日本に観光に来た人たちが、百均とかで初心者マークを買って帰るそうですよ。

国が変われば意識や文化もガラッと変わってしまうんですね。

日本では初心者が付けるもの、ということを知らないオーストラリア人も多いのかも。

♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰⋱✮⋰⋱

BABY ON BOARD

Unfortunately, there is no magical item that can be attached to a car to automatically make a driver kinder or more considerate on the road. However, there are some practical tips and tools that can contribute to creating a more positive driving experience for everyone:

  1. Bumper Stickers or Decals with Positive Messages:
    Consider placing bumper stickers or decals with positive and uplifting messages on your car. This can serve as a gentle reminder to stay calm and courteous while driving.
  2. In-Car Affirmations:
    Create a list of positive affirmations related to safe and courteous driving. Place them in your car where you can see them easily, such as on the dashboard or sun visor. Repeat these affirmations to yourself before and during your drive.
  3. Kindness Reminder Bracelet:
    Wear a bracelet or accessory as a physical reminder to be a kind and considerate driver. Each time you glance at it, it can prompt you to maintain a positive attitude on the road.
  4. Personalized License Plate:
    Choose a personalized license plate with a positive or meaningful message. This can be a subtle way to express your commitment to being a kind driver and might influence your mindset while driving.
  5. Driving Meditation or Relaxation Techniques:
    Incorporate mindfulness or relaxation techniques into your driving routine. Practice deep breathing, listen to calming music, or engage in other mindfulness exercises to stay calm and focused on the road.

Remember that being a kind and considerate driver is ultimately a personal choice and involves adopting positive habits and behaviors. While there may not be a magical item that guarantees kinder driving, these suggestions can serve as reminders and prompts for maintaining a positive attitude on the road.

♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰⋱✮⋰⋱

The magical item you can put on your car that makes you a kinder driver around you

The correct answer is: ‘There is a baby in the car’

How about a cute magnet with the message “BABY ON BOARD” to mount on the back of your car?

Using a cute magnet with the message “BABY ON BOARD” on the back of your car is a fantastic idea in British English as well. This type of magnet serves as a courteous way to alert other drivers that there may be a baby on board. It encourages other drivers to be more cautious and considerate, particularly when sharing the road with your vehicle.

The use of such a magnet can improve communication with other drivers and contribute to overall traffic safety. The charming design may also leave a positive impression and foster empathy among fellow drivers.

It’s important to note, however, that such a magnet should not be seen as conferring any special privileges to the driver over others. Instead, it should be used as a means to promote awareness and consideration for safe driving practices.

♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰⋱✮⋰⋱

表紙について

パラオの首都・マルキョクにある国会議事堂です。

日本国内ではめっきり見かけることの少なくなった、ちょっと懐かしい感じの日本車がたくさん駐車していました。

パラオにはあおり運転をするような悪質な輩はほぼいないので、今回のようなアイテムはおそらく不要と思われます。

平和っていいなぁ。

♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰⋱✮⋰⋱

最後までお読みいだたきありがとうございました。